新プラン登場!

IDCF プライベートクラウド

IDCF プライベートクラウド

VMware社の仮想化技術を採用した専用型(占有型)クラウド

オンプレミスのクラウド化にお悩みの方必見!

オンプレミスの良さを継承したクラウド化の方法を徹底解説!

資料ダウンロード
資料イメージ

VMware社の仮想化技術を採用した専用型(占有型)クラウドで、IDCフロンティアの各種サービス(コロケーション(ハウジング)サービス、ベアメタルサーバーサービス、IDCFクラウド)との相互接続が可能です。 複雑な構成を持つ業務システムの物理と仮想の組み合わせの環境をそのまま移行できる、オンプレミスとクラウドの長所を融合したIT基盤をご提供します。

VMware Cloud Verified

IDCフロンティアは「IDCF プライベートクラウド」において「VMware Cloud Verified」の認定を取得しており、信頼性の高いクラウドサービス事業者であることが認められています。

オンプレミス運用の課題をクリア! IDCFプライベートクラウドで課題解決

こんな方におすすめ

仮想基盤管理の
負担が大きい

仮想化の活用が一般的になった結果、IT管理者はOS、アプリケーション管理に加えて、仮想基盤の管理業務が増えました。ただ、これには専門知識が必要で管理者の負担にもなりがちです。

プライベートクラウドでは当社が仮想基盤(ハイパーバイザー)、物理機器の管理運用を代行し、お客さまは仮想マシンよりも上位レイヤの管理により注力いただけます。

物理機器との
ハイブリッド利用がしたい

オンプレミスの業務システムは、仮想マシンと物理機器の併用が多く、クラウドへの移行には物理機器の完全仮想化などの問題がありました。一方で、クラウドサービス側も物理機器を持ち込めないという問題がありました。

プライベートクラウドは物理機器との併用が可能です。データセンター内、データセンター間ネットワークを利用した相互接続が可能で、複雑な物理・仮想併用のシステムのクラウド化基盤としてご利用いただけます。

変動需要に対応できる
IT基盤が必要

買取型システムの場合、短期需要に合わせて機器を調達するのは、不良資産発生や調達工数の増加など非効率でした。そのうえ、その都度の需要にあわせて機器を管理するのも容易ではありません。

プライベートクラウドは6~48台までのホストをサポートし、1~6台単位で増加・縮小が可能です。契約期間も1年~5年単位でご利用いただけ、小規模から大規模までの変動需要に応じたスケーラブルな対応が可能です。

IDCF プライベートクラウドの特長

拡縮可能・変動需要への対応が可能

拡縮可能・変動需要への
対応が可能

最小1クラスタ(6ESXiホストセット)から最大4クラスタ(64ESXiホスト)まで拡張可能です。拡張は新規クラスタ追加(6ESXiホストセット)と、既存クラスタへのホスト追加(1ESXiホスト単位)の2通りから選べます。縮小も同じ単位で行え、お客さまの業務要件や段階的な移行プランに合わせた拡張・縮小が可能です。

オンプレミスを継承した構成・運用が可能

オンプレミスを継承した
構成・運用が可能

当社サービス群の最大の特長はサービス間の接続と連携です。例えば、プライベートクラウド、ハウジングラック、ベアメタルサーバーの併用と、L2ネットワークでの相互接続をご利用いただけば、現在のオンプレミスシステムの構成を変更せずに、適材適所のクラウド化が可能になります。

相互接続を活かした複雑なシステム設計が可能

相互接続を活かした
複雑なシステム設計が可能

IDCフロンティアの各種サービスとの相互接続に加え、プライベートクラウドがあるデータセンター以外のデータセンター拠点ともデータセンター間ネットワークでの相互接続することが可能です。これにより、拠点の異なるデータセンターをまたいだ広域システム(マルチサイト)構成としてもご活用いただけます。

vCenterでオンプレミスと同じ操作性を実現

vCenter でオンプレミスと同じ操作性を実現

オンプレミスで使い慣れた vCenter を直接操作することができます。多くのクラウドで発生しがちな、独自の管理画面操作などの学習・教育工数が削減でき、運用ツールの作り直しなどの手間もありません。

オンプレミス互換性を重視したクラウド環境

オンプレミス互換性を重視したクラウド環境

VMware vSphere を採用した仮想基盤で、マシンイメージ変換なしにオンプレミスからクラウドへの移行が可能です。また、クラウド移行後にオンプレミスに戻すこともできます。必要に応じてオンプレミスとクラウド、どちらの環境でも利用いただくことが可能です。

リソースプールレンタル型のプライベートクラウド

リソースプールレンタル型のプライベートクラウド

仮想マシンをレンタルするタイプのクラウドサービスと異なり、vSphere の仮想データセンターとそのリソースプールを専用提供します。リソースプール内でお客さまの仮想マシンや仮想ネットワークなどを自由に設計、配置いただけます。

高性能ハイパーコンバージドインフラを採用した基盤

高性能ハイパーコンバージドインフラを採用した基盤

プライベートクラウド構成ESXiホストは、CPUコア、メモリ、ストレージ(vSANベース All Flash)をバランスよく配置し、そのどれかが枯渇しづらい構成になっています。ノード、クラスタの増設により小規模から大規模まで対応可能です。

選べるESXiホストスペック

選べるESXiホストスペック

プライベートクラウド構成ESXiホストのスペックは6種類(メモリ容量3種類 × ストレージ容量2種類 × CPUコア数1種類)から選べます。お客さまのご要望に応じて最適なノードを選び、サイジングいただくことができます。

選べる契約年数

選べる契約年数

契約期間は1年~5年まで、1年単位で選べます。長期需要から短期需要まで幅広くカバーでき、それらを組み合わせることで長期安定需要と波動需要の両方に対応することが可能です。

オンプレミスのクラウド化にお悩みの方必見!

オンプレミスの良さを継承したクラウド化の方法を徹底解説!

資料イメージ
資料ダウンロード お問い合わせ

ご利用例

レガシーシステムのクラウドリフトによるモダン化

レガシーシステムのクラウドリフトによるモダン化の構成例
ご利用シーン

コロケーション(ハウジング)用の物理機器とプライベートクラウドを併用し、L2接続をすることでクラウド化のために移行元のシステムを変更する必要がなくなります。物理機器の仮想化によるリスク(性能、アプリケーションの互換性、仮想化作業費用など)を最小限に抑えながら、プライベートクラウドが持つ長所(リソース増減対応)を活用いただくことができます。

ポイント
  • 移行元システム変更が不要
  • 需要に応じた資源増減が可能になる

All Flash vSANストレージを活かしたVDIクラウド環境

All Flash vSANストレージを活かしたVDIクラウド環境の構成例
ご利用シーン

テレワークなどの新しい働き方を実現するには、非常にセキュアなIT基盤が必要です。VDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)が有力な解決策になります。分散ストレージ構造でI/O処理が分散され、VDIのような仮想マシンが多数並行してI/Oを行うモデルにも最適です。また、ファイルサーバーなどの業務システムをコロケーション(ハウジング)とクラウドで連携させることができ、業務PC基盤全体をホストすることが可能です。

ポイント
  • 分散ストレージアーキテクチャ採用
  • 関連システムをコロケーション(ハウジング)にホストして相互連携が可能

データセンター間ネットワークを活用したDR対策

データセンター間ネットワークを活用したDR対策の構成例
ご利用シーン

DR対策のためのデータセンターを複数維持することは非常にコストがかかります。運営費用はもちろん、メインセンターからDR用センターに接続するWANサービスのコストも大きな問題です。キャリアの回線サービスは距離に依存してコストがかかるため、DR対策の際はコロケーション(ハウジング)とプライベートクラウドを併用し、双方をデータセンター間ネットワークで接続することでより安価なDR対策が実現できます。

ポイント
  • DR対策(災害対策)を実現
  • 拠点間を結ぶ回線コストを低減

長期安定と短期変動の両方をカバーするクラウド基盤

長期安定と短期変動の両方をカバーするクラウド基盤の構成例
ご利用シーン

業務システムには本番系システムなど長期安定を必要とする基盤と、試験/検証/開発用基盤など短期変動を必要とする相反する用途があります。IDCフロンティアのプライベートクラウドは5年契約での長期安定性と、1年~2年の短期利用が可能です。さらにコロケーション(ハウジング)サービスと併用すれば、コロケーション(ハウジング)環境の仮想化基盤(持込)を定常的に利用しながら、プライベートクラウドで短期変動利用にも対応することが可能です。

ポイント
  • 買取型システムで変動需要分資源の確保は困難
  • 需要に応じた資源増減が可能になる

自社ポリシー適合評価で「見えるクラウド化」

自社ポリシー適合評価で「見えるクラウド化」
可視化ツール「vRealize Operations Manager」

ダッシュボードからセットアップ済みの可視化ツール「vRealize Operations Manager」が利用可能

ご利用シーン

一般的なクラウドサービスは、サービス構成やアーキテクチャ情報が開示されず、ブラックボックス化するという問題があります。また、これに合わせて社内のセキュリティルールを変更するのは容易ではありません。IDCF プライベートクラウドは「クラウド=ブラックボックス」の常識を変え、自社所有と変わらない見えるクラウドを目指し、構成図/利用機材/ソフトウェアバージョンなどをドキュメントで提供可能(*1, *2)です。お客さまは、情報を把握しながらの運営が可能となり、社内ルール変更も最小で済みます。

*1: お客さま個別情報のため、個別対応となります。
*2: 共用部など情報開示できない範囲があります。

ポイント
  • クラウドの構成やデータ格納場所が把握できる
  • 社内のルール改変が最小化できる

オンプレミス拡張による段階的ハイブリットクラウド化

オンプレミス拡張による段階的ハイブリットクラウド化の構成例
ご利用シーン

オンプレミスとクラウドを閉域網でL2接続(*1)することで双方のサイトの間でVMware vMotion(*2)を使ったライブマイグレーション(*3)が可能です。業務システムを停止させることなく環境を移行でき、移行に伴う業務停止を最小限に抑えます。

*1: 閉域網はお客さまにて別途ご契約いただく必要があります。
*2: オンプレミスとクラウド間でvMotionを利用して仮想マシンを移行させる場合、両方のサイトのvSphereのバージョン、エディションによる制限があります。
*3: 仮想マシンの電源をOFFせずに移動させること。ただし、仮想マシンの上で稼働している業務処理が中断しないことを保証するわけでありません。

ポイント
  • 移行元システム変更が不要
  • 需要に応じた資源増減が可能になる

料金・仕様一覧

プライベートクラウドTypeVはこちら

TypeV 2020 TypeV 2020 Mini
料金 1,200,000円/月~ 700,000円/月~
契約期間 1年~5年
基本構成クラスタ ESXiホスト6台構成の最小セット ESXiホスト3台構成(固定)*2
ー クラスタを構成するESXiホスト 6台 3台
ー ホスト仕様(CPU) CPU:Intel Xeon Gold 6226R 2.9GHz
16core x2ソケット 合計32core
ー ホスト仕様(メモリ) 256GiB/512GiB/768GiB から選択
ー ホスト仕様(内蔵DISK) 物理容量 4TB Flash(キャパシティ用) x2/x4から選択 *1 物理容量 4TB Flash(キャパシティ用)x2 のみ
オプション ホスト追加

6台より大きい台数のホストのクラスタを構成する場合に1台単位でホストを追加するためのもの
詳細はお問い合わせください

なし

*1: キャパシティ用x2の時はキャッシュ用x1、キャパシティ用x4の時はキャッシュ用x2
*2: ホスト台数は3台固定で追加不可、クラスタ数も1固定で追加不可

オンプレミスのクラウド化にお悩みの方必見!

オンプレミスの良さを継承したクラウド化の方法を徹底解説!

資料イメージ
資料ダウンロード お問い合わせ

お申し込みの流れ

お問い合わせ

まずは お問い合わせ

 

ヒアリング・ご提案

ヒアリング・ご提案

 

構成決定・ご契約

構成決定・ご契約

 

ご利用スタート!

ご利用スタート!

よくあるご質問

仮想マシンをレンタルするサービスですか?

いいえ。VMware vSphere の仮想データセンターが持つリソースプールをお客さまに提供します。 お客さまはリソースプールが持つ資源の範囲内でお客さまの業務システムを自由に設計、仮想マシンや仮想ネットワークを設計、配置していただけます。

VLAN(IPセグメント)を複数使えますか?

はい。1つのお客さまあたり100個のVLANを標準でお使いいただけます。

プライベートクラウドサービスに含まれるVMware 製品は何ですか?

以下の製品が含まれています。
VMware vSphere Enterprise Plus edition
VMware vCenter Server Standard edition
VMware vRealize Operations Manager

オンプレミスで利用している vSphere, vCenterのライセンスの持込は可能ですか?

できません。

IDCフロンティアが行ってくれる代行サービスは何ですか?

プライベートクラウドを構成するハードウェア、ソフトウェアに対し以下の作業を代行します。
1.ハードウェア(サーバー、ストレージ、ネットワーク)、ソフトウェア(ハイパーバイザ)の手配、構築
2.ハイパーバイザのプロセス監視
サーバー、ストレージのping監視、CPU監視、メモリ監視、ハード故障監視、実使用リソース監視
3.ネットワーク機器のping監視、Link状態監視、SNMP監視
4.不具合、脆弱性に対する対応
5.故障からの復旧対応(メーカー保守)

オンプレミスのクラウド化にお悩みの方必見!

オンプレミスの良さを継承したクラウド化の方法を徹底解説!

資料イメージ
資料ダウンロード お問い合わせ

資料ダウンロード

必須
必須
必須

プライバシーポリシー新規ウィンドウを開きます をご確認のうえ、ご同意いただける場合にのみ、送信ボタンを押してください。お客さまの状況確認を行うため、ご連絡時の利用環境についての情報やログイン中のID情報、クッキー情報を利用いたします。

本資料のダウンロードは、法人・個人事業主の方に限らせていただきます。

このページの先頭へ このページの先頭へ

構成のご相談やお見積りなどお気軽にお問い合わせください

×

お問い合わせ・
資料請求はこちら

お問い合わせ・資料請求