機能別マニュアルウイルス/スパム対策

レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、Dr.WEBによるメールウィルス、スパム対策を標準機能でご提供しています。

各機能の詳細は下記をご参照ください。
Dr.WEBの詳細はこちら

ご利用可能なプラン

本機能をご利用いただけるプランは、以下のとおりです。

サービス名 プラン名
Zenlogic ホスティング Powered by AWS AW-1 ~ AW-4
Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud IC-1 ~ IC-4
Zenlogic ホスティング プランS、プラン1 ~ 7、移行プランA/B

※ 移行プランA/Bは、旧レンタルサーバーサービス(FirstServer)からZenlogicホスティングへ移行された一部のお客様専用のプランとなります。

ウイルス対策のご提供仕様

  • サーバーでウイルスを検知した場合、該当メールそのものをパスワードをかけて圧縮し、「送信先」と「通知先メールアドレス」に送信します。

    ※ ウイルス/スパム対策の「通知先メールアドレス」は、初期設定では「postmaster@標準ドメイン名」となります。

    ※ 既知のウイルス、未知のウイルスに関わらず、同じ挙動となります。

  • 圧縮されたメールのファイル名は「virus-infected-mail.zip」です。

  • カスタマーポータルに表示している解凍用パスワードを利用して、ウイルスが検知されたメールの内容を確認することが可能です。
    ウイルス検知メールの解凍用パスワード確認方法

    ※ ウイルスが駆除されていない状態のメールとなりますので、お取扱いには十分ご注意ください。

  • ウイルスの検知結果は、maillog(メール配送ログ)に記録されます。

ウイルス対策のご提供仕様

[ウイルスが検知されたメールの本文例]


ウイルスの疑いのあるメールを検知しました。

【メールの情報】
送信元:virus@xxxxxxxx.com (実際の送信者と異なる可能性があります)
送信先:info@example.jp
Message-ID:<012345678910@abcdefg.hijk001.lmn.outlook.com>
接続元IPアドレス:xxx.xxx.xxx.xxx

【ウイルスの情報】
ウイルスタイプ:known_virus
ウイルスの名前:Sample.Virus

上記メールをパスワードをかけて圧縮し、本メールに添付しています。
ウイルスが検知されたメールの内容を確認したい場合は、下記メールシステム
管理者に連絡し、解凍用パスワードを確認してください。
postmaster@navy-*******001.znlc.jp

※ウイルスが駆除されていない状態のファイルとなりますので、お取扱いには
 十分ご注意ください。

※信頼できる送信元/ファイル以外は、開かずに削除されることをおすすめ
 します。

[ウイルスを検知した際のメールログ例]

Jun 1 12:30:01 white-abcdefg001 drweb-maild[00000]: Milter client 00hh-11ii-22jj: Lua: [ウイルス名] found in [ファイル名]

スパム対策のご提供仕様

  • スパム判定は、「Dr.WEB」のデータベースをもとに機械的に行われ、スパムスコアが「100」以上の場合にスパムメールと判定されます。
  • スパムと判定されたメールの件名には、[SPAM]が付加されます。
  • スパムと判定されたメールは、ヘッダ情報の「X-Drweb-SpamState」が「yes」となります。

    この情報を元に、メールソフトの振り分け機能を設定してスパムメールを選別することができます。

    ※ スパム判定は機械的に行われます。必要なメールがスパム判定される場合もありますので、ご注意ください。

  • スパム判定時は、スパム対策リスト(ホワイトリスト/ブラックリスト)に登録されているメールアドレスを確認し、メールの送信者(Header-From)と合致している場合はそれぞれの対応を行います。
  • スパム対策リストはホワイトリストが最優先となります。
    必要なメールは、あらかじめ「ホワイトリスト」に登録いただくことをおすすめします。

    ※ 同じメールアドレスがホワイトリスト/ブラックリストの両方に登録されていた場合、ホワイトリストが優先されます。

  • スパム判定結果は、maillog(メール配送ログ)に記録されます。

    ※ スパムスコア値がログに記録されます。

スパム対策のご提供仕様

[スパム判定した際のメールログ例]

  • ホワイトリストに合致した場合 Jun 1 13:00:30 white-abcdefg001 drweb-maild[10000]: Milter client hh11-ii22-jj33: Lua: Detected white: Abyss <info@sample.com>
  • ブラックリストに合致した場合 Jun 1 13:00:30 white-abcdefg001 drweb-maild[10000]: Milter client hh11-ii22-jj33: Lua: Detected black: Abyss <spam@sample.com>
  • スパムスコアが100を超えた場合 Jun 1 13:00:30 white-abcdefg001 drweb-maild[10000]: Milter client hh11-ii22-jj33: Lua: Spam score: 110

ウイルス/スパム対策の設定

Dr.WEBの on/off (有効/無効)の切替えや、サーバーで受信したメールからウイルスが検知された場合の通知先を設定できます。

初期状態では、Dr.WEBは「on」(有効)、通知先メールアドレスは「postmaster@標準ドメイン名(Zenlogic提供)」が設定されています。

※ 通知先は1箇所のみの設定となりますので、複数のメンバーで通知メールを共有したい場合は、メーリングリストのアドレスなどをご設定ください。

1カスタマーポータルにアクセス

Zenlogicカスタマーポータルにログインし、「コントロールパネル」メニューから対象のサービスを選択します。

カスタマーポータル ログイン

カスタマーポータルにアクセス
2メニューを選択

「メール」→「ウイルス/スパム対策」メニューをクリックします。

メニューを選択
3ウイルス/スパム対策を設定

Dr.WEBの on/off 切替えや通知先メールアドレスを入力して、[保存]ボタンをクリックしてください。

通知先メールアドレスを設定
4設定完了

設定が正常に行われると、完了メッセージが表示されます。

設定完了

スパム対策リストの設定/編集

Dr.WEBの標準機能に加えて、お客様独自のスパム対策リスト(ブラックリスト/ホワイトリスト)を設定/編集できます。

※ スパム対策リストは、すべてのメールアドレスに適用されます。個別のメールアドレスに対する設定はできません。

1設定画面にアクセス

「ウイルス/スパム対策」画面で、設定するメニューをクリックします。

設定画面にアクセス
2リストの設定

リストに追加するメールアドレスを入力し、「保存」ボタンをクリックします。

リストの設定
対象メールアドレス
  • 半角英数字で入力してください。
  • *(アスタリスク)によるワイルドカードでの指定も可能です。
3設定完了

設定が正常に行われると、完了メッセージが表示されます。

設定完了

ウイルス検知メールの解凍用パスワード確認方法

ウイルス検知されたメールは、パスワードをかけて圧縮され、受信者と通知先メールアドレスあてに送信されます。

メールの内容を確認したい場合は、カスタマーポータル(ウイルス/スパム対策画面トップ)に記載のパスワードを利用してください。

※[表示]をクリックして、パスワードをご確認ください。

※ ウイルスが駆除されていない状態のメールとなりますので、お取扱いには十分ご注意ください。

設定完了