GSLB

GSLB(広域負荷分散)

"落ちない"Webサイトを!
ワンコインで使えるGSLBサービスで

自然災害や障害など万一の事態に備え、BCP(事業継続)やディザスタリカバリ(DR・災害復旧)対策は十分ですか?
大規模なシステムはもちろん、有事の際のWebサイトが果たす役割は重大です。IDCFクラウドのGSLB(広域負荷分散)なら、手間もコストもほとんどかけずにサービスを止めない安心の仕組みを実現できます。

事業の継続や早期復旧を可能にするGSLB

事業継続性を高めるには、Webサイトやシステムを物理的に離れた複数拠点に分散し、GSLB利用による広域負荷分散や障害時にはバックアップサイトへ自動で切り替わる仕組みが必要です。

IDCFクラウドのGSLBなら、初期費用なし・ワンコインですぐに利用でき、さらにIDCFクラウドの東日本・西日本リージョンを利用することで、Webサイトの冗長化・分散も容易に実現します。

"落ちない"システムをワンコインで実現!

GSLB初心者にも安心の使いやすさ

はじめての方や専門知識がなくても、シンプルな管理画面から簡単に設定でき、リアルタイムでDNSサーバーに反映されます。ヘルスチェックからの通知機能はメールに加え、Slack連携もしていて便利。

予測できない大規模なアクセス負荷や災害、障害時にダウンタイムを最小限に抑えるため、広域負荷分散、バックアップサイトへやSorryサーバーへの切り替えなど3パターンから選べます。

GSLB初心者にも安心の使いやすさ

ご利用例

バックアップサイトとして利用

DNSフェイルオーバー

メインサイトのダウン時に、自動的にバックアップサイトへ切り替わります。地理的に異なるリージョン間をまたぐ構成では、より可用性の高いシステムを実現できます。

DNSフェイルオーバー

リージョン・ゾーン間で負荷分散

重み付けラウンドロビン

大規模アクセスに備えた完全冗長や災害対策のバックアップサイト、Sorryサーバーへの自動切り替えを重み付けラウンドロビンによって柔軟に実現できます。CNAMEレコードを利用すればインフィニットLBなどとの連携も可能です。

リージョン・ゾーン間で負荷分散

組み合わせ自在!インフラは問いません

IDCFクラウドのGSLBは、メインサイト・バックアップサイトのロケーションやインフラに関係なく、複数拠点間でGSLBを利用できます。

たとえば、自社のオンプレミス環境とクラウド間でバックアップサイトを構築したり、複数のクラウド事業者を結んだ負荷分散構成などが可能です。

組み合わせ自在!インフラは問いません

料金・仕様

表示価格は税抜きです。

料金構成

料金構成 DNS 50円+GSLB 500円

※IDCFクラウドをご利用の場合は、仮想マシン費用が別途かかります。

  DNS
(基本サービス)
GSLB
(オプション)
基本料金 50円/ゾーン 250円/レコード
提供内容
  • ゾーン情報管理
  • レコード情報管理
  • テンプレート情報管理
  • 操作ログ
  • 重み付けラウンドロビン
  • ヘルスチェック
API APIリファレンス参照
ゾーン数 最大100ゾーン
レコード数 最大100レコード
対応レコード A, AAAA, CNAME, MX, NS, TXT, PTR , SRV, SOA A, CNAMENew!
(分散/切替対象)
TTL(キャッシュ保持時間) 600~86400(秒) 5~86400(秒)
最大テンプレート数 10
負荷分散方式 ラウンドロビン 重み付けラウンドロビン
ヘルスチェック - タイプ
HTTP / HTTPS / TCP
閾値
お客さま設定可

DNS/GSLB仕様書(PDF)

3ステップで、簡単サーバー作成

クラウドコンソールにログイン

IDCFクラウドへ

ログイン

 

GSLBオプション追加

GSLBサービスを
お申し込み

 

かんたん設定だけ!

かんたん設定だけ!

PDFDNS/GSLB ご利用ガイド

すぐに始める

ご利用ガイドはありますか?

GSLBの設定方法については、DNS/GSLBのヘルプサイトをご参照ください。
また、APIご利用の場合は、APIリファレンスをご用意しています。

GSLBでバックアップサイトを設定する方法とは?

バックアップサイトへの振り分けを「0」として登録いただくことで、バックアップサイト以外のサイトがすべて落ちた時のみバックアップサイトに切り替えることが可能です。

ヘルスチェックについて教えてください。

GSLBでは「ヘルスチェック」により、配下のサーバーが正常に動作しているかを確認しています。異常と判断するとそのサーバーを切り離して、正常に動作している別サイトのみに振り分けることが可能です。

メインサイトに影響が出た場合にできる対策とは?

例えば次のようなパターンでの対策をしておくことで、ダウンタイムの影響を最小限に抑えられます。

  • ・メインサイトの広域負荷分散(Active/Active構成)
  • ・バックアップサイトへの自動/手動 切り替え(Active/Standby構成)
  • ・Sorryサーバーへの自動切り替え

サービスラインアップ

RDB

RDB

高性能・高可用なリレーショナルデータベース。データベースの保守・運用から今すぐ解放!

インフィニットLBロードバランサー

インフィニットLB

伸縮自在!スケールする高性能ロードバランサー。HTTPS化も容易!

クラウドストレージ

クラウドストレージ

Google Cloud Storage™️の基盤を採用した高性能クラウドストレージサービス  New!

コンテンツキャッシュ

コンテンツキャッシュ

コンテンツの高速配信やアクセス増大時の高負荷対策に。

DNS

DNS

DNSをかんたんにセルフ管理できる!50円ではじめられます。

GSLB

GSLB

事業継続や災害復旧対策に!ワンコインから使えるGSLBサービス

プライベートクラウド

プライベートクラウド

オールフラッシュストレージを採用して新しくなったホステッド型プライベートクラウド

ベアメタルサーバー

ベアメタルサーバー

物理サーバー性能を存分に。ハイブリッド利用が人気!

プライベートコネクト

プライベートコネクト

インターネットを介さず閉域網で全サービスをシームレスに接続できる。

Mackerel

Mackerel

はてなのサーバー監視ツール。IDCFクラウドなら無料で使えます!

Growth Push

Growth Push

国内最大級のプッシュ通知・配信サービス。100万リクエスト/月まで無料!

SendGrid

SendGrid

自動メール配信にも、大量配信に最適。25,000通/月まで無料!

Smartbeat

Smartbeat

30日間無料!スマホアプリのエラー検知・クラッシュ解析サービス。

VAddy

VAddy

開発スタイルが変わる脆弱性検査サービス。

このページの先頭へ このページの先頭へ

×

資料請求・
お問い合わせはこちら

  • チャットですぐ相談

  • 平日 10:00~17:00
    (年末年始を除く)
    混雑によりご利用いただけない場合がございます。

  • お問い合わせ

チャットでお問い合わせ