ゲームやアプリ開発の新規事業入門

スモールスタート&安定運用の必要要件とは

ゲームやアプリの開発では、プログラミングだけでなくサーバーとの連携も重要な要素です。そんなゲームやアプリを新規事業で開始する際に、切っても切り離せないのが「システム」の問題です。

オフラインですべてを完結させるアプリというのは、最近ではあまり見られなくなってきました。利用傾向の予測もせずに、自社内サーバー(オンプレミス)で対応するというのは、サービスを安定運用する上でも非常にリスクがあります。 システムを検討するうえでは、初期ユーザー数、常時接続による負荷、国外からのアクセス、ユーザー増加予想、プロモーションや特殊事情による大量アクセスへの対処など、考えなければいけない要素が多く存在します。

新規ゲーム・アプリ開発の課題とは?

新規ゲーム・アプリ作成のシステム課題は、次の3点にまとめられます。『システム』『ビジネスの固定化』『見積り』です。

新規アプリ・ゲーム開発の課題のイメージ図

①システム

ゼロベースでシステムを構築するには、システムコストや人的コストが大きく占めます。そうしたときに、毎回システム構築を求められていると、システム側のリソースは枯渇してしまいます。

成功する新規事業は、リーンスタートアップと呼ばれるスモールスタートから始め、トライ&エラーやPDCAサイクルを素早く回していくことが求められます。

②ビジネスの固定化

初期コストを回収しようとすればするほど、方針転換が柔軟に行えなくなります。
新規事業に求められるのは、「しっかり狙って打つ」という精度よりも、「打ってから当たっているか確認する」という素早さです。

ユーザー獲得や社会課題の解決をするためには、新規事業におけるピボット *1の大切さが必要です。

*1: ピボットは、事業の「方針転換」「路線変更」を意味します。

③見積り

ディスク容量や通信量について、正しい見積りを計算して安定運用を行うのは非常に難しいです。
サービス展開し、予想以上の大盛況。ゲームアプリやBtoCのサービスを展開すると、思わぬ高負荷にサーバーが落ちてしまうこともあります。

折角のユーザー獲得のチャンスに、503のサーバーエラー *2というのは大きな機会損失になってしまいます。
では、これらの問題を解決する選択肢には何があるのでしょうか?

*2: HTTP503は、瞬間的な大量アクセスにより、サーバーが処理不能に陥いった際などにブラウザ上で表示されるエラーコード。

クラウドコンピューティングを利用するメリット

こうした新規事業を行う時に解決しなければいけないシステム課題は、「クラウドコンピューティング」によって解決できます。

クラウドコンピューティングを利用するメリットのイメージ図

①システム

クラウドのシステムは、一般的に初期費用は「0円」スタートになります。一時的に高性能仮想マシンが必要になる際や、データの冗長化にも適しています。システムを構築するための人的リソースを削減でき、システムの拡張や柔軟な仕様変更にも対応できます。

コスト面での過剰投資を防ぐことで、ゲーム・アプリ設計時の重要な要素であるユーザーテストに費用をあてたり、利用者の利便性を高めるためのUI設計などに、稼働をさくこともできます。 ありがちな、初期の投資配分ミスを防ぐことにもつながります。

②ビジネスの固定化

クラウドを利用すれば初期費用がかからないだけでなく、月々の費用も従量課金と定額を選択できます。
サーバーなどの機器を購入する場合は減価償却が発生し、投資時の費用計算が非常に難しくなります。

特に、需要が読めないゲームやアプリでのクラウド選択には大きなメリットがあります。

ゲームタイトルのリリース時には、最低限のサーバー構成で、スモールスタートしてコストを抑えつつ、ユーザー数やトラフィック量が増えたらオンデマンドで簡単にサーバーを調達。クラウドなら、スケールアウトやスペックアップが素早く柔軟に行えます。
また、いらなくなったらスケールインも自由に行えるので、無駄な費用がかからず、ビジネスの方針転換も非常にしやすく安心です。

③見積り

システムの見積り時にボトルネックとなるのが、ユーザーの大量アクセスを正確に見積もり、要件に入れることができるかどうかです。

当社が提供するIDCFクラウドでは、 ゲーム開発者に向けた「負荷テストサービス」を無料で提供しています。
事前にユーザーの実利用を想定した負荷テストを行うことで、アクセス集中に耐えられる構成かどうかを事前にサイジングチェックができ、不測の事態が起きないようコントロールが可能です。 人気ランキング入りやテレビで取り上げられたといったような、突発的なアクセス増にも十分に対応できます。

ゲーム・アプリならIDCFクラウド

負荷テストサービス

まとめ

スマートフォンの高性能化により、従来型のアプリケーションのゲーム容量や通信量は増加傾向にあります。事実、新規のゲーム開発やアプリ開発でも、クラウドコンピューティングの活用が増えています。 従量課金による、ビジネススケールにあわせたクラウドコンピューティングの選択は、スモールスタートから始める新規事業の強い味方となっていくことでしょう。

まずは自社内で抱え込むのではなく、無料のコンサルティングやお問い合わせなどを利用して、クラウド利用を検討してみてはいかがでしょうか。

■ゲーム&アプリ開発でIDCFクラウドをご利用の企業様(※一部抜粋)

  • 株式会社エイチーム様
  • 株式会社マーベラス様
  • 株式会社ボルテージ様
  • 株式会社Aiming様

よく読まれているコラム・記事

IDCFクラウドを今すぐ体験しよう!

IDCFクラウドサービス群

1時間1円、1ヵ月500円から使えるIDCFクラウド。
1つのアカウントで、インフィニットLB・オブジェクトストレージ・コンピューティング・CDN・DNSなど、すべてご利用いただけます。