VIRTUAL BRIDGE(Interconnect:ATBeX) バーチャルブリッジ インターコネクト:ATBeX

インターコネクト:ATBeX接続のイメージ

バーチャルブリッジのオプションサービスとして、IDCフロンティアとアット東京のデータセンター間を冗長構成で接続できるサービスです。
データセンターを跨いだラック間接続や、アット東京データセンター内のサービス事業者への接続など、ATBeXを経由したさまざまなサービスとの柔軟なインフラ構成が可能になります。

* 本サービスのご利用には、バーチャルブリッジの契約が必要となります。

サービス導入・ご相談

サービスの特長

データセンター事業者を跨いだDCI(データセンター相互接続)

データセンター事業者を跨いだDCI(データセンター相互接続)

IDCフロンティアとアット東京が運営する国内データセンターを冗長構成で相互接続できます。
データセンターの拡張や冗長性確保など、両社が保有する国内の拠点を必要に応じて自由に組み合わせることができます。

安心安全の
セキュアな閉域接続

安心安全のセキュアな閉域接続

IDCフロンティアとアット東京の閉域接続サービス同士をつなげることで、事業者を跨いだ環境でも機密性を確保しながらセキュアに接続することが可能です。

様々なサービスの相互利用が可能

様々なサービスの相互利用が可能

データセンター間の相互接続だけでなく、「IDCFクラウド」や「IDCFプライベートクラウド」など、様々なサービスとデータセンターを組み合わせたマルチインフラ環境が実現可能です。 また、すでにアット東京データセンターをご利用中のお客さまは本サービスを経由して、手間なくスピーディーにIDCフロンティアサービスとの連携を開始いただけます。

ご利用例

データセンター拡張や複数拠点の利用など多面的な冗長性を確保

データセンター拡張や複数拠点の利用など多面的な冗長性を確保

閉域ネットワークによる両社データセンター間のセキュアな接続と、システムの拡大などによるデータセンターラックの容易な拡張、データセンター立地の冗長(東京・大阪・九州・東北)、IDCフロンティアとアット東京という事業者の冗長など、多面的な冗長化によりインフラ環境の可用性を向上します。

IDCFサービスとデータセンターを組み合わせたマルチインフラ環境の実現

IDCFサービスとデータセンターを組み合わせたマルチインフラ環境の実現

アット東京にリソースをお持ちのお客さまは、IDCフロンティアのデータセンターや超高発熱機器にも対応可能な「高負荷ハウジングサービス」、国産クラウドである「IDCFクラウド」「IDCFプライベートクラウド」などとの連携が可能となり、ビジネスの変動に合わせた高性能IT機器の増設やピーク需要時のクラウドリソース増設によるオフロードが可能となります。

* 記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

資料ダウンロード

サービス導入・ご相談

Pagetop